学び舎 石田塾からのお知らせ

京都の小さな学習塾「学び舎石田塾」からのお知らせ、ニュースを配信します。
学び舎石田塾トップページはこちら。

学び舎石田塾では、小中高校生への学習指導
学校へ通えない生徒さんへの対応、どなたでもご参加できる「面白コース」などを開講しております。
千本三条、三条会商店街入ってすぐにあります!
お問い合わせ、詳細はこちらのホームページへ。

面白コース第65回「今日の働き方改革における”教育”を考える(その2)」が、
2024年5月18日(日)に、ハリウッド大学院大学客員教授、村上良三先生を講師に迎えて行われました。

講演のテーマは「働き方改革」ということで、最初に先生がこれまでのご自身の研究の全体像を紹介されました。
参加者のご都合で定刻より早くスタートすることになり、講師と参加者とのあいさつの交換とテーマの事前説明が行われる中で、随時参加者が話に加わる形になりました。

参加者は図書館司書、主婦、会社員、個人事業主の方々で、
それぞれ日常の生活の場での「働く」という行為についての感じ方が異なることもあり、
講師と参加者との話は多岐にわたり、活発な情報交換や意見交換がなされました。

会の結びとして、参加者各人からは働き方を考える上で、
「長時間労働と育児とのかかわり」、「障がい者と障がい者ケアを行う立場からの働き方のあり方」、
「”やりがい”と収入の関係性」、「終身雇用制における人材育成と個人主義の関わり、残業の定義」「専門の用語の理解」、「企業以外での個人の働き方についてはどうか」「会社内の社員の多様な能力差と業務運営、働き方、社員教育」など、多くの課題や意見、感想が述べられました。
先生から配布頂いた豊富な資料や文献を参考に、各自が一層課題を掘り下げて考えようと話し合いました。
IMG_6499


会後半、スタッフの片山さんのご家庭に席を移し、村上先生を囲んで楽しい歓談と食事会が開かれました。
おいしい鉄板焼きを頂きながら、楽しいお話が飛び交い時のたつのを忘れるほどでした。

この日は村上先生からの豊富な資料のご提供、参加者同士の活発な意見交換、そして心温まる食事会と、充実した面白コースの一日となりました。


 学び舎石田塾は2024年4月1日、10年目をスタートいたしました。
これも、皆様の支えの賜物であると深く感謝申し上げます。

   今後ともどうぞよろしくご指導ください。
IMG_6250


 さて、来る5月18日(土)16:00より、
面白コース第64回「今日の働き方改革における”教育”を考えるその2」
担当講師:村上良三先生
を開催いたします。

当講座は皆様のご都合がつかず延期しておりましたが、
ここに十年目最初の面白コースとなりました。
ふるってご参加ください。

参加費 大人1000円 中学生以下500円
スライド1

<参加ご希望の方は>
電話:075-495-2788
メール:ishida-shan@h3.dion.ne.jp
でご予約ください。
または直接石田塾へお越しください。
欠席、予約取り消しはお早めにご連絡ください。

1月21日(日)、「天文パートⅨブラックホールを学ぼう」を開催しました。

今回は、参加予定の方々に様々な都合が重なり、スタッフのみでの開講となりましたが、
興味深い内容をじっくり堪能することができました。

講座は天文ガイドの土井正治先生のお話で、
ブラックホールとは何か、というテーマで行い、前半はブラックホールについての解説、
後半は最新のNASAによる研究に基づいた、ブラックホールの模型を作成しました。
ブラックホールとはなにか、なぜ黒い穴のようにみえるのかという基本的な点や、
ブラックホールの理論の歴史や、最新の研究結果などのお話をされました。

また、以前子どもたちからもらった素朴な疑問
「ブラックホールに人が吸い込まれるとどうなるか」といったことにもお答えいただきました。

後半は、紙皿とピンポン玉などを使った模型作りを行いました。

IMG_5133

お話の中で、ブラックホールの大きさや、宇宙の時間感覚などまさに「天文学的大きさ」が度々出てきて、宇宙のスケールの大きさにただ圧巻な思いを感じた一日でした。

今回は参加を希望しつつも、ご都合により来ることができなかった社会人の方々も複数おられました。
また、私たち参加者も、関心が広がった部分などもあり、
もう一度興味のあるところを聞きたいとも思いました。
そのため、近々同じ内容の講座を行うことを検討しております。

その際はまたお知らせいたしますので、ご関心のある方はどうぞお気軽にお越しください。


☆☆学び舎石田塾☆☆
代表:石田信義
住所:京都府京都市中京区西ノ京南聖町21番地
電話・FAX:075-495-2788
メール:ishida-shan@h3.dion.ne.jp
HP:http://ishidajuku.main.jp/index.html

新年1回目の面白コースは、前回好評だった
宇宙の不思議について学ぶ講座に引き続き、
子どもたちの関心が高かった、ブラックホールについての講座を開催いたします。

「ブラックホール」は日常会話でも時々使われるぐらい有名なものですが、
実態はどんなものでしょう?
光さえも吸い込むってどういうこと?
どうやってそんなものが出来るの?
人が吸い込まれたらどうなるの?
など、
ブラックホールの素朴な疑問から、宇宙の姿に迫ります。

面白64


★日にち
令和6年1月21日(日)
14時から約2時間

★場所
石田塾教室(座学)

★参加費
大人1,000円、中学生以下500円
(塾生は授業の一環として不要)

<参加ご希望の方は>
電話:075-495-2788
メール:ishida-shan@h3.dion.ne.jp
でご予約ください。
または直接石田塾へお越しください。
欠席、予約取り消しはお早めにご連絡ください。

 第62回目の面白コースを12月3日(日)に行いました。
今回は「オリジナルスノードームを作ろう」という企画でスタッフの廣江と土井両名が担当しました。

当日は約10名の方が参加してくださり、
子どもさんはもちろん、保護者の方にも一緒に参加してもらえたことが嬉しかったです。

 スノードームを作る工程は、まずは中に入れる置物とそれにあったガラス瓶、小さな飾りをそれぞれが選ぶところから始まりました。

 選び終わった後は、貼り付ける工程に入ります。ガラス瓶の蓋に土台となるスポンジを接着剤で貼り付け、そのスポンジの上に選んだ置物と小さな飾りを付けていきます。
接着剤がしっかり固まるまで少し待つため、ここでちょっとひと息、休憩時間に入ります。お菓子を食べたり、飲み物を飲んだり、「今日は勉強はなし」と言いながら英語の音楽をかけて歌う塾長の姿がありました。また、嬉しいことに保護者の方がみかんを差し入れに持ってきてくださいました。

 次は、雪を降らせる工程です。ガラス瓶に水のりと水を入れ、よく混ぜ、ラメを入れていきます。好みの色合いができたら、置物を付けた蓋部分をしめて完成です!

 みなさんそれぞれが色々な点を工夫され、同じものが二つとないオリジナルのスノードームが出来上がりました。最後に、参加者みなさんのスノードームを並べて見せ合いました。
 
IMG_4561


 今年最後の面白コースも、参加していただいた方々のおかげで無事に開催することができました。
今年も面白コースにご参加いただきありがとうごいました。来年も様々なコースを開催したく思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

令和5年12月10日日曜日14:00~開催予定の「今日の働き方改革における”教育”を考えるその2」につきまして、
講師の先生より、急に都合がつかなくなり、
開催を来年度に延期していただきたいとご連絡頂きました。

従いまして、12月10日(日)の開催は延期といたします。
新しい開催日程につきましては決まり次第ご案内いたします。

ご参加予定の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

※なお、12月3日の面白コース62回は通常通り開催いたします。

お問い合わせはこちら
学び舎石田塾
電 話 : 090-9251-4572 / FAX: 075-495-2788 /
e-mail: ishida-shan@h3.dion.ne.jp

<直近の面白コース>
2週連続で面白コースを開催致します。
12月3日(日)・・・スノードームを作ろう
          (ご案内はこちら
12月10日(日)・・・今日の働き方改革における”教育”を考える その2
          (この記事でご案内)

=====

面白コース、第63回目「今日の働き方改革における”教育”を考える その2」
を開催いたします。

今回は、前回7月に次ぐ勉強会です。
前回の議論をさらに拡充するため、講師の村上先生が整理くださった資料をもとに、
皆で働き方改革そして教育のあり方を共に学びます。
スライド1


講師 :村上 良三(ハリウッド大学院大学客員教授)
日にち:令和5年12月10日(日) 14:00-16:00頃
参加費: 大人1,000円 中学生以下500円


<お申し込み>
学び舎石田塾
電 話 : 090-9251-4572 / FAX: 075-495-2788 /
e-mail: ishida-shan@h3.dion.ne.jp

=============
【感染対策について】
 ★参加人数をお伝えください。
 ★必ずご予約をお願いします。また、キャンセルの場合も事前にご連絡ください。

クリスマスも近づいてきました!
毎年恒例となっているクリスマスの面白コース、
今年は「スノードーム」を作ります。

スノードームは、瓶などガラス容器と、光る粒(ラメなど)を用いて雪が降る様子を再現したインテリアグッズです。

初心者にも簡単に作れますので、
どうぞ子どもから大人の方までご参加ください。

※なお、材料の準備がありますので前日までに必ずご予約お願いします。
IMG_4175
※画像のスノードームは試作したものです。


ー日時
令和5年12月3日(日)
14時30分から2時間~3時間程度を予定

ー参加費
中学生以下 500円
大人 1,000円

ー持ち物、準備
接着剤、水のりなどを使用するため、
多少汚れることもあります。必要な方はエプロンなどをお持ち下さい。

<参加ご希望の方は>
電話:075-495-2788
メール:ishida-shan@h3.dion.ne.jp
でご予約ください。
または直接石田塾へお越しください。
欠席、予約取り消しはお早めにご連絡ください。

11月となり、徐々に秋の色が濃くなってきました。

さて、去る10月28日㈯、三条会商店街でハロウィン夜市が開催され、
商店街は大いに賑わいました。
食べ物、飲み物、ゲームなど多くの出店も出て、来場者の中には仮装をした人も。

そんな楽し気な雰囲気の中、石田塾ではスタッフの片山さんにご協力いただき、
食事会を開催しました。
なんと手作りの凝ったオードブルと、お酒をたっぷり用意したハロウィンの宴。
今回は主に、お世話になっている方々をお招きし、楽しい集いとなりました。

遊びに来たついでに、と顔を出してくれる塾生もおり、楽しそうな顔にこちらも元気をもらいました。

地域の人々をはじめ、周囲の方々に支えられていることを実感した一日でした。

IMG_4053

面白コース第61回、「天文パートⅧ天文基礎講座」が開催されました。
今回は、「聞いたことはあるけど実はあやふや」な点をわかりやすく解説する、
というテーマで天文ガイドの土井正治講師にお話しいただきました。

IMG_2757


中学生の生徒が寄せた素朴な疑問―
「宇宙に終わりはあるの?」「宇宙の広さは?」「宇宙人はいるの?」などの6個の質問を中心に、
皆さんが抱く素朴な疑問を改めて考えました。

まず、宇宙について人間が分かっていることは非常にわずかで、
解明されていないことが多いというお話があり、
宇宙を調べる方法は「光(目には見えない光=赤外線など電磁波含む)」を観測するしかない
ということを、分光器を用いて解説されました。

それを踏まえて、例えば宇宙からの光を解析すると、138億年前の光まで見えること、さらに宇宙は膨張していることなどが分かり、
そういったことを手掛かりに様々な理論が考えられているというお話がありました。

少し難しい話ではありましたが、疑問をくれた小中学生たちは集中して話を聞き、
想像を超えた宇宙の広さや大きさに驚きの表情を見せていました。
更なる疑問を質問したり、楽しい学びの時間になりました。

特に小中学生の関心が高かったのは、光さえ飲み込んでしまう天体「ブラックホール」で、
次回は来年1月頃に、ブラックホールをテーマに面白コースを企画しております。
その節はまたご案内致しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ